« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

1988年

1988

この当時は、ロックやポップスのオリジナル曲をやっていた。当時からよほど容貌に自信がなかったのか、もしくは演奏に自信がなかったのか、サングラスをかける事が多かった気がする。この頃、何を考え生きていたのか思い出せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂の上の武羅雲 その2

松山城天守閣の裏で見つけた「ヤマガラ」。 茶色とブルーグレーと黒色のバランスが綺麗な小鳥だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂の上の武羅雲 その1

週末は所用で松山に滞在していた。数年ぶりに歩く大街道や歩行町は、見事に観光都市として様変わりしていた。全体にレンガ色を基調としたシックでレトロな店構えの土産物屋や観光案内施設、歩道も車道も統一感があって「綺麗だな」の印象。

036 037

FUJIFINEPIXF60

ロープウェイ街にあるお茶屋さん、木の香りも新しい狭い間口ながらも美しい材を使った店構え。木目フェチの僕としては見過ごすことができずに、何枚かカメラに収めてきた。これがまた数十年経つと味わいのある景色に変わる。人の心もかくありたい。

047 050

リフトを使って松山城に向う途中の茶屋で、「甘酒」の看板を発見。一杯400円也。この日は確かに素晴らしい好天ではあったけど、印象としてはここまでの青空ではなかった気がする。見えたままを写し取るということが本来の目的なら、このデジカメは合格ではない。実物より綺麗に見えるように写ってしまうというのは評価が分かれる気がするなぁ。

072 091

FUJIFINEPIXF60

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高知でコロポックル発見か!

1月14日(にっかん新四国)このほど高知市観光から戻られた関西にお住まいのHさん(仮名49歳)から「どうも高知市にもコロポックルがいるらしい」との情報と同伴者が撮影したという写真を入手した。

送られてきた写真を「関東UMA研究所」に持ち込んだ分析結果では、①扉のサイズから判断すると身長は推定30~40cm②表札は出していない。③新聞や牛乳はとっていないようだ。④家庭菜園もしくは庭の存在が認められる。

との見解だった。いずれにしてもコロポックルの存在を否定する決定的な結果は得られなかった。この件は謎を残したまま、次回調査(R40に呼ばれた時)の報告が待たれる。

Koro_01 Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高知ライブ&新年会

10日(日)高知の友達のお誘いで、アコースティックライブ兼新年会に参加させていただいた。場所は高知市「チミ・ポンサ」。このカラオケ屋さんにはもう三度目のお邪魔となるが、会場の大広間はライブハウスとしての機材や設備も広さも充分整っている。またひげのマスターがとても素晴らしい方で、いつお邪魔しても気持の良い接待をしていただける。これも高知のお友達がよく利用して良い関係にあるのだろうなと想像される。

今回参加メンバーは、デン&レミーさん、アンドレさん&浜ちゃん、inayasuさん、井上さとしさん、扉さん、ひろぼんさん(姫路の有名人)、寺ちゃん、マスターのお友達のロッカーの方、そして僕。6時間半ずっと順番に1~2曲ずつ歌っては飲み、そして食べて・・の楽しい時間を過ごさせていただいた。

演奏曲は1.In My Life 2.遠ざかる街 3.北国列車 4.感謝知らずの女(withひろぼん)5.東へ西へ(with inayasu6.夢の中へ(with inayasuetc

今回は、皆さんのギターを触らせていただいたり、僕のブログにお気に入り登録させていただいている井上さとしさんとも少し一緒に話ができた。井上さんがオリジナル曲を立って暗譜で演奏されることや、にこやかな表情や身体で曲を表現される姿はとても参考になった。また、井上さんともお揃いだったけど、今回初めて使うエフェクター「AD-3」も結構いい感じで使えた。皆さんにもこのエフェクターを使っていただいた。

普通はそうなのだろうけど、自分が弾いているアコギの音がどう聴こえるのかは、ギターに正対した場所で聴かなければわからない。普段ギターは自分お腹の辺りで鳴り、音は正面に向って出るのだから、ボディの振動を感じたり、拡散した音の端っこを聴いているのだろうな。今回のライブではD-42を何人かの皆さんの演奏の時にフィンガーピッキングやストロークで弾いていただけた。そして、エフェクターを通したライン録りの音や、マイクで拾った生音を聴くことができて、大いに参考になった。

映像はしょっぱなに演奏したビートルズの「In My Life」。緊張で出来は良くないけど、皆さんに盛り上げていただけた。高知の方たちにはいつも感謝です。また呼んでいただけるよう、レベル上げするぞ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

まひやんが行く

Dscf1299 先月上京の際、新幹線車中から。まだこの時間には片山右京さんのパーティのお二人は救出されていない。撮影:むらくも FUJIFINEPIXF60

Nec_2239 市内某所。昨年12月2日に携帯で撮影し、遠方の音楽友達にメールで送った。僕の撮影技術(携帯だけど)がない為、費用対効果の少ないイルミネーションに写ってしまって残念。まるで亡霊が行進しているかのようだ。撮影:むらくも NEC904H

さて、本題。「まひやんが行く」というブログがある。このブログの存在を知った僕は、事後承諾をいただけるものと信じて、速攻でお気に入りに入れてしまった。http://blog.goo.ne.jp/mahi-yan

何が気に入ったかといえば、もちろん写真。構図や露出、絞りなど、どの作品もつぼにはまってしまった。すばらしい。

僕もこれまで一眼レフで写真を撮ってきた。ずっとニコン党で、一番最初はNew FM2、次がF4s、現在はD300を使っている。あ、途中でG1もしばらく使っていたな。New FM2はマニュアル機だったけど、それ以降はオートフォーカス。もっぱらシャッターを押すだけで写真が撮れてしまう。しかし「まひやんが行く」で紹介されているのは、被写体の価格価値やブランド価値に頼った撮れてしまう写真とは明らかに違うった写真。とてもシビアーなピントだと思う。

まひやんの関係者らしき方が撮影されているのだけど、この方に自費出版の写真集をプレゼントされたから 紹介させていただくわけではないことを申し添えておく。

僕のブログにも結構写真を載せているが、ちょっと恥ずかしくなるな。向こうのブックマークにも登録していただいたのだけど、お友達もいい写真を撮られる方が多そうだから、ますますもって、緊張する。

また、まひやんの関係者の方はお仕事の関係だろうけど文章も洗練されており写真ブログ?「まひやんが行く」をおおいに参考にしたいし、お勧めしたい。この「地球侵略」の写真も好き。http://blog.goo.ne.jp/mahi-yan/2

それと、まだ内緒だけど今度まひやんの関係者の方に僕のポートレートを撮っていただこうと計画している。用途はライブ用の名刺やフライヤーとか・・・

素材が悪くても、そこそこかっこ良く撮っていただけるのではないかと期待する。あ、まだ内緒だけど・・・その日のために「むらくも減量中」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

曲紹介 「Knight」の巻

パソコンや携帯の画像フォルダをたまに整理すると、懐かしい写真や思い出深いものがある。それは自分で撮影したものや、知人から送られてきたもの。中には門外不出扱いのものもあるので、セキュリティを厳重にしている。風景や建物などの公共施設は誰にでも見えるものなので差し支えはないだろう。自分が見た景色の記録として、これからここに貼って紹介していくかも知れない。

ここは閑散としたブログなので、のぞいてくださる人は大変ありがたい。もちろん見たくない方はお越しにならないのだから当たり前だけど。個人的なメモ帳なので、自分のページを自由にしていこうと思う。

さて、これから時々オリジナル曲もあらためて紹介していこうと思う。以前曲を公開していた「プレ王(マイサウンド)」というサイトでは、曲紹介はわりとあっさりした内容だったので、曲ができた背景や録音記録などを少し詳しく書いてみようかと思う。今も怪しいが、いずれボケて忘れてしまうので、ここに書き留めておく。

今日は「Knight(ナイト)」という曲。

この曲はギターを始めて曲を作り出した20歳頃のころに戻って、多重録音で録音してみた。作ったのは20063月頃だろうか?最終的に公開したのは20065月だったと思う。

<構成>

  リズムパート・・・導入したばかりのMTRBossBR-600)を使用。ドラムはパターンをループさせて1トラック使用。(打ち込みは、根気がないのを自覚しているので最初からあきらめた)

②サイドギター・・・トラックを二つ使ってサイドギターのリフを左右に散らした。昔オリジナルロックをやっていた頃に使っていたFender USAストラトキャスターは、売却してたので、今回の録音用に安いスクワイヤーのストラト(ブラッキー)を購入。しかし十何年ぶりかにエレキギターを弾くわけで、もちろんひどい演奏。このギター、現在は関東地方にある。

③リードギター・・・上記ストラトで、リードギターというより効果音に近い音出し。達人がひしめく当時のプレ王に恥ずかしげも無く公開したことが、今となってはたいしたものかな()

④ベース・・・ベースもこの曲のためにフェルナンデスの安いものを購入して1トラック使用。二回ほど録音して指が痛くなったので終了。録り直しても変わらないと思い、1回目のテイクを使用。これも現在は手元にない。

⑤ボーカル・・・主旋律とハモリを2トラックに入れた。自信がないのでリバーブをバンバンかけた。まるで銭湯で歌っているかのようだ。

<曲のコンセプト>当時マイサウンドを通じてお友達になった、身も知らぬ匿名の女子(男子だったかも知れない)がずいぶん沈んだ様子で、かといって何が出来るわけでもないのでエールソングのような、またこういった匿名での音楽サイトやネット社会への漠然とした思いを歌ってみた。イントロのギターリフは、大学時代にラジカセ録音してた音源を耳コピした(笑)

公開前に、親しいロックギタリストのPZCさんに「自分で何度聴きなおしても、ロックを作ったつもりが演歌のようなんだけど?登録ジャンルはロックでいいの?それとも演歌?」と尋ねたことを思い出す。PZCさんは「ロックだと本人が思えばロックなのです」と、哲学的なことをおっしゃった。さすがスーパーギタリスト。超越してらっしゃる。結局ロックで登録した。

Nec_0139

曲イメージの画像は、二度ほど泊まった事のあるホテルのステンドグラス風の飾りを加工した。一階がパチンコやでその横の細い階段をまっすぐ上ったところに見えた飾り。

ホテルのフロントの方に了解いただき、写真を撮らせていただいた。ちょうど「Knight(騎士)」のイメージにぴったりの絵柄だと思ったので。

この曲は友人の協力を得て、のちに「I’m Coming To You」という曲になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

  Photo

Photo_7

今年ももう明けて三日目。

明日からは仕事が始まるので、プチ緊張モードに入りかけている。1月2月は、各行事や進行中の企画が連続してあるので、きっちり進めていかねば。プライベートでは、18歳と15歳の息子の進路のことがある。

それもあって、今年の元日は、家族で香川県の琴平神社に絵馬奉納に行ってきた。登るのはたぶん十年ぶりくらいだろうか、思ったより階段は辛くなかったな。今回のイベントは息子達に自分で絵馬を書かせて奉納すること。ま、目的を明確にしてくれたらいいかなと思って。それぞれそれなりに書いてたな。

実はすでに初詣?は済ませていた。先月の下旬に東京に行ったとき、湯島天神に参詣してきた。(初詣でではなくラス詣でか?)

目的は学問の神様「菅原道真公」に息子達のことをお願いに。それと個人的な願いを絵馬に書いて奉納してきた。絵馬奉納のあと、錦糸町駅で、プラットホームからなんと巨大なウンチのモニュメントが見えた。「へ~都会のど真ん中に・・」と見ていたら、そのはるか向こうに建造物が見えた。

そう、建設中の「東京スカイツリー」だった。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC

まだ全体の三分の一くらいの高さだそうで、完成が楽しみだ。出来たら登るぞ!

ちなみに、そのとき撮った写真でもやっぱり黄金のウンチが主役のようだった・・・。

Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »