« 謹賀新年 | トップページ | まひやんが行く »

曲紹介 「Knight」の巻

パソコンや携帯の画像フォルダをたまに整理すると、懐かしい写真や思い出深いものがある。それは自分で撮影したものや、知人から送られてきたもの。中には門外不出扱いのものもあるので、セキュリティを厳重にしている。風景や建物などの公共施設は誰にでも見えるものなので差し支えはないだろう。自分が見た景色の記録として、これからここに貼って紹介していくかも知れない。

ここは閑散としたブログなので、のぞいてくださる人は大変ありがたい。もちろん見たくない方はお越しにならないのだから当たり前だけど。個人的なメモ帳なので、自分のページを自由にしていこうと思う。

さて、これから時々オリジナル曲もあらためて紹介していこうと思う。以前曲を公開していた「プレ王(マイサウンド)」というサイトでは、曲紹介はわりとあっさりした内容だったので、曲ができた背景や録音記録などを少し詳しく書いてみようかと思う。今も怪しいが、いずれボケて忘れてしまうので、ここに書き留めておく。

今日は「Knight(ナイト)」という曲。

この曲はギターを始めて曲を作り出した20歳頃のころに戻って、多重録音で録音してみた。作ったのは20063月頃だろうか?最終的に公開したのは20065月だったと思う。

<構成>

  リズムパート・・・導入したばかりのMTRBossBR-600)を使用。ドラムはパターンをループさせて1トラック使用。(打ち込みは、根気がないのを自覚しているので最初からあきらめた)

②サイドギター・・・トラックを二つ使ってサイドギターのリフを左右に散らした。昔オリジナルロックをやっていた頃に使っていたFender USAストラトキャスターは、売却してたので、今回の録音用に安いスクワイヤーのストラト(ブラッキー)を購入。しかし十何年ぶりかにエレキギターを弾くわけで、もちろんひどい演奏。このギター、現在は関東地方にある。

③リードギター・・・上記ストラトで、リードギターというより効果音に近い音出し。達人がひしめく当時のプレ王に恥ずかしげも無く公開したことが、今となってはたいしたものかな()

④ベース・・・ベースもこの曲のためにフェルナンデスの安いものを購入して1トラック使用。二回ほど録音して指が痛くなったので終了。録り直しても変わらないと思い、1回目のテイクを使用。これも現在は手元にない。

⑤ボーカル・・・主旋律とハモリを2トラックに入れた。自信がないのでリバーブをバンバンかけた。まるで銭湯で歌っているかのようだ。

<曲のコンセプト>当時マイサウンドを通じてお友達になった、身も知らぬ匿名の女子(男子だったかも知れない)がずいぶん沈んだ様子で、かといって何が出来るわけでもないのでエールソングのような、またこういった匿名での音楽サイトやネット社会への漠然とした思いを歌ってみた。イントロのギターリフは、大学時代にラジカセ録音してた音源を耳コピした(笑)

公開前に、親しいロックギタリストのPZCさんに「自分で何度聴きなおしても、ロックを作ったつもりが演歌のようなんだけど?登録ジャンルはロックでいいの?それとも演歌?」と尋ねたことを思い出す。PZCさんは「ロックだと本人が思えばロックなのです」と、哲学的なことをおっしゃった。さすがスーパーギタリスト。超越してらっしゃる。結局ロックで登録した。

Nec_0139

曲イメージの画像は、二度ほど泊まった事のあるホテルのステンドグラス風の飾りを加工した。一階がパチンコやでその横の細い階段をまっすぐ上ったところに見えた飾り。

ホテルのフロントの方に了解いただき、写真を撮らせていただいた。ちょうど「Knight(騎士)」のイメージにぴったりの絵柄だと思ったので。

この曲は友人の協力を得て、のちに「I’m Coming To You」という曲になる。

|

« 謹賀新年 | トップページ | まひやんが行く »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246154/32867487

この記事へのトラックバック一覧です: 曲紹介 「Knight」の巻:

« 謹賀新年 | トップページ | まひやんが行く »