« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

絆/それぞれの形

Dscf1326

友人のまひやんさんのところのタイトルと画像に激しく反応してしまった。http://blog.goo.ne.jp/mahi-yan

師匠の作品に比して、しょぼさとピントの甘さに愕然とするけど、言い訳をさせてもらうと、この距離からは近づけない理由と、合焦時間すら待てないほどのゲリラ撮影だった。

画像のしょぼさに比べて、ファインダーのこちら側では満面の笑みと、ちいちゃなガッツポーズでプチお祭り騒ぎしてた。(なんのこっちゃ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々の陸上ネタ

長男次男とも、いちおう進学を決め、今はその準備中。親たちは資金繰りの真っ最中・・・

長男は高校時代砲丸投げをしていたけど、体格や資質そして指導者にもあまり恵まれなかったので華やかな成績を残せなかった。ただ、三年間最後の県大会まで頑張ったので高校の卒業アルバムの陸上部の集合写真にも載っているし、卒業式午後からの追い出しパーティにも参加できた。

僕はというと、高校二年でインターハイに出たものの、怪我と受験勉強準備で3年生になる前に退部。彼のような充実した部活動を送れなかった。いわゆる途中棄権。

だから彼にとって、もちろん記録の更新という目標や仲間とのふれあいが楽しかったのもあるけれど、成績的には報われないままでも続けてきたことは、将来きっと役に立つことがあると思う。それは完走者にのみ得られるもの。

次男は念願の?自宅から一番近い高校に進学が決まり、すでに高校の陸上部の練習に参加している。彼は昨年の年明けに腰を痛め2ヶ月ほど動けなかった。本当であればこの時期に筋トレや持久力をつけるトレーニングするべきだけど、普段の行いのせいで?受験に注力しなければならなくて、練習はほとんど何も出来ていない。最初に参加した、高校生との比較的負荷の少ないメニューでも数日は筋肉痛でうなっていたなぁ。

同じ高校には、中学時代に陸上の大会で仲良くなった同級生が入部予定。彼らと4×100mリレーを組むのが今の夢らしい。

ちなみに今年の高校総体は沖縄開催だとか。本土や北海道の沖縄に行きたい高校生は力が入るだろうな。そのぶん沖縄の高校生は地元開催は嬉しいだろうけどつまらない子もいるだろうな。

またあの美しい青いさんご礁を見たいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日のお買い物

0317

canon G9

今日の買い物

左より石橋楽器心斎橋店にて フィーデンワックス・ギターグロス。

三木楽器にて クラシックギター用ナット(プラスティック)・ドレッドノート用サドル(牛骨)

ワックス・グロスは愛用中なのでストックとして。ナット・サドルは在庫補充として。ギターは触れなかったけど、小物類を見て回るのも楽しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅れてきた新人君

030 仲間が増えた。

旅の友にはいいのではないだろうか。よってD-300の出番は主に競技場に特化しそうな気がするので一脚を調達せねば。もう一台のFINPIXもやっと使い慣れてきたところ。

G9の細かい設定などは写真集のサインを貰う時に師匠に(勝手に呼ぶ)教えてもらおうっと。270頁もの取扱説明書は読めないです・・・

FINEPIX F60

| | コメント (4) | トラックバック (0)

0311

FINEPIX F60 auto

| | コメント (4) | トラックバック (0)

またまた木目の話

Dscf2270 Dscf2266 Dscf2268 Dscf2281

もう10年以上になるけど、ずっと使っている木製のトレイがある。

会社から帰宅すると、ネクタイをはずしながらパソコンの電源を入れながら、家族と一言二言会話しながらポケットの名刺入れや携帯なんかをトレイに入れる。

これは知り合いの御宅の片づけを手伝っていた時に、そこの二代目の方が「オヤジの机の上にあったけど使わないからあげる」っていただいた。軽くて手触りのよいものだったので、ありがたく頂戴してそれ以来使っている。

これは1枚板を削って作られていて、前から柾目の綺麗な材だなと思っていた。以前から、これって樹齢何年くらいのものなのかな~?と気になっていた。

ここのところ少しバタバタしてたのでブログねたも無いので、これを紹介しようと数日前に初めて年輪を数えてみた。加齢のせいもあり(´・ω・`)ショボーン、目視で数えることは非常に困難だったのでデジカメで写真を撮って数えたら意外と年数が経っていて、257本あった。つまり樹齢257年以上の木から作られたものだった。

毎日小物を入れるので細かい傷はあるけど、きっとあと百年単位で使えるだろう。貧乏な我が家には家宝というものがなく、いつも子供達には「お前たちが宝だよ・・」と負け惜しみを言っていたので、この際に当家の家宝として子々孫々に伝えるように息子たちに話そうかな?

いつか、あわてものの僕の子孫がお宝鑑定団に出演して、「0円」のフリップを見てがっかり・・そして会場がドッと沸く光景が楽しみなので、子供たちに内緒で木箱を作って「坂本竜馬所蔵」って筆書きしようっと。

くれぐれも内緒!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »