« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

神戸ライブの感想

6666_rimg0180_2 写真:にあむこさん提供

神戸でのライブに参加してきた。 全部で186時間の長丁場だったけど、僕はそれほど長いとは感じなかった。なぜなら、どの出演者の方もそれぞれに個性があり、演奏や歌、パフォーマンス・MCなど、色々な意味で勉強になったから。時間の都合上、皆さん2曲か3曲の演目なので、それぞれの十八番、もしくは一番聴いて欲しい曲をセレクトしているから、カラーが良く見えた。

もちろん、これだけの方々が集まるのだから演奏や歌唱の違いは大きい。ただ、その違いとは上手・下手ではない。また慣れているかそうでないかでもない。ビジュアルの良し悪しや、ジャンルの好みはいたしかたないと、本音を許していただけるなら、いい音だな、いい歌唱だなと思える方もいれば、長いな・・と感じる方もいた。前者の場合は、耳を傾け目を開き、その魅力を探ろうとする。ひょっとしたらその人物に魅力があるかのかも知れない。

ところで自分の演奏は、シールドコードやエフェクターの不良が原因でもなく・緊張でもないのに、普段どおり弾けなかった。もともと高いレベルの演奏や歌を目指しているわけではないので、「今回は4回転ジャンプを・・」と冒険をするでもなく、安全確実な運転を心掛けているのに、それなのに信号を見落としたり、エンストしたり、道を間違えたりという感じで情けない思いをした。

よく考えてみると、数年前に弾き語りを再開してから、色々な方の力で何度もステージという場所で演奏させてもらった。そして一度として何とか普段どおりにできたことはなかったなぁ。向いてないのかなぁ?いずれにしても、自分で満足するにはギターを弾き歌うということを重ねるしかないわけで、これからもずっと練習しようと思う。さて、今回の皆さんのライブでは「魅力的な方」に憧れを感じ、何度やってもちゃんと出来ない自分に失望したわけで、「今のままでは数年後、こういった集まりに参加できているだろうか?」とも感じた。

とにかく5曲(30分)を人前で最後まで歌いきるという、以前自分が考えた目標に、もう一度チャレンジしようと思う。大変有意義なライブに参加できて本当に良かった。僕にとって良い節目になった。

あらためて、幹事の皆さんやサポートしていただいた出場者の皆さんに感謝です。ありがとうございました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

書道ガールズ&初老ボーイズ

昨晩は家族で映画「書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園」を観てきた。http://wwws.warnerbros.co.jp/shodo-girls/

僕の住む町が舞台となり、今年に入り地元ロケが行われた。ここは瀬戸内海に面する四国の田舎なので、宝くじに当たったような夢見気分で、行政・企業・市民ともほぼ全面協力だった。

なにより映画の出来が気になっていた。というのも先日見た「タイタンの戦い」が「3D映像」に過度の期待を寄せていたので多少がっかりしたこともあり、町の描き方や主題の書道パフォーマンスがどのように表現されているのか、興味があった。

作品を観た感想はいろいろ分かれている。個人的な感想をひとこと言うと、主役・準主役の若い女優さん達の演技がキラキラとして良かったこと。町を美しく表現してくれたことや、普段ありふれた風景なのであまり気に留めなかった場所を再発見できたことなど、良かったと思う。この年齢になるとウルウルしてしまう場面も結構あった。

当然行政の観光担当者や協賛企業の担当者からは、観光面や商材としての期待もある。もちろんそうなればいいのだけど、それを抜きにしてもぜひ沢山の方に観てほしい良い作品だと思う。

**************************************************

話は変わって「初老ボーイズ!!-俺たちの元町」(仮・仮・仮称)について。

久しぶりに、全国にいらっしゃる音楽を通じての友達と神戸でのジョイントライブに参加する。

僕は普段は「スティッカム」なるライブ配信サイトで、ひどい演奏や歌を垂れ流してそれを練習と称しているのだが、リアルライブとなると、緊張感は相当なものがある。今回は16~7組の皆さんが出演なので、持ち時間は転換込みで15分とのこと。自己紹介なんかを考えると2曲ほどやらせてもらえるのかな?

長引く不況から少し回復の兆しが見えた・・との表現は新聞紙面からしかうかがえない。まだまだ経済的な事情や住宅事情による練習環境の問題、人間関係や家庭の問題、健康問題などから、なかなかやりたいことができなかったりする。

僕は相変わらず楽天主義で申し訳ないのだけど、今回参加される皆さんはきっとそれぞれの次元でいろいろ克服したり、折り合いをつけて参加されているのだろう。皆さんそれなりの年齢で・・人類の年齢による区分では「初老」という世代の方もいらっしゃる。←他人事みたいに書いているが・・・

ところが、このライブについて、出演者目線ではなく客観的に眺めてみると、年代は違うし「書」と「音楽」と主題も違うけど、昨晩観た「書道ガールズ・・」となんとなく似ているなぁ~と思った。弾きたいから、聴きたいから、歌いたいから、会いたいから集まる。シンプルでいいな。

あらためて幹事の皆さんのご苦労に感謝。ライブ詳細は下記。

日時 : 平成22年5月29日(土) PM3:00/OPEN、3:30/START ~ 9:00/CLOSE
場所 : カフェ萬屋宗兵衛
(兵庫県神戸市中央区元町通1-8-4)
http://www.soubei.net/

| | コメント (6) | トラックバック (2)

22222222_2 Canon G9 F4.0 MACRO

会社の花壇に咲いていたヒラドツツジ。

ここには写っていないけどたくさんのミツバチを発見した。刺されることの怖さよりも、ちゃんと蜜を求めて体ごと花にもぐりこんでいる姿にほっとした朝だった。そういえば昨日は雀も見たな。どっちも少なくなったみたいだけど、田舎にはまだまだいまっせ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »