« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

願わくば(大晦日だなぁ)

ナポレオンの辞書に「不可能」という言葉がなかったように、僕の辞書には「必死」「一生懸命」「命がけ」「精一杯」などの言葉はないような気がする。つまり、力を出し切れていないということか。それとも出せないタイプなのか。仕事の現場でも日常でもこの言葉を使うことは皆無。なぜならこういった状態になった記憶がほとんどないから。

ただ、この1年色々な局面で常に「最善」を考えてこれたのではないかとの自己評価はできるかな。そのことで、自分に対する関係した人の評価がどうあれ、結果はある程度自分の想定内に収めることができた気がする。そのことで、ひょっとしたら敵を作ったり、うらまれたりしたかも知れない。

知り合いや、遠くから眺める同年代の男性には格好が良く、強く、たくましく、誠実で、正義感があふれ、また、才能豊かで、人間的に魅力的な方が多いので、自分がいやになってしまう。

僕はといえば、この歳になっても煩悩の塊ゆえ、いくつもの思いを抱えてしまう。しかもそのどれもを第一に考えたいと思う。いわば「八方不美男子?」状態だなと感じる。えらい違いだな。でも、これが現実だから受け止めねばならない。

悲しいかな、人生は同時に複数の道を進めないから、常に片足はいま生きている日常においている。しかし、願わくば、色々な人生を生きてみたい。現実逃避ではなく、ただ欲深いだけの思いだけど。世の中は魅力的でかけがえのないものが沢山ある。

****************************************************************

もうひとつ、願わくば眠らなくていい身体が欲しい。一日は24時間では短aかすぎる。毎日気の進まない睡眠をとっている気がする。いつもの4時間の睡眠があれば、もっと沢山のことができるのにとても残念だ。そう考える人も少なくないと思う。

仕事は面白いしやりがいがある。でも語弊があるかも知れないけど「必死」「一生懸命という感じはしていない。ちゃんと休みや睡眠、食事もとっているのだから。きっと楽しいからやっているんだと思う。そう考えると、たいしたことはできていないだろうけど、幸せなのかも知れない。

来年も頑張って自分の立てた目標を遂行するために、準備やらアクションやらフォローをして行こうと思う。

****************************************************************

さて、大晦日なのでちゃんとご挨拶。

僕に関わってくださった皆さんや家族に感謝します。皆さんにとってすばらしい年になりますよう、健康と安寧をお祈りします。いつも元気でご活躍ください。

皆さんよい新年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会ライブ

先日、予定していた四国高松市での忘年会ライブに参加させていただいた。

スティッカムでお知り合いになった、書道家池田さんのギャラリーで、熱気あふれる皆さんと少しだけ時間を共有させていただいた。

食べきれないほどの料理と飲み物を満喫した。僕は翌日のこともあり、2曲だけ歌わせていただき、早々に(23時過ぎていたけど・・)失礼させていただいた。昨年は3時半までやったらしいし、帰宅後スティッカムの中継にお礼のご挨拶に行ったら、まだ宴もたけなわだった。今年はいったい何時までされたのだろうか?

皆さんの歌や演奏、パワーあふれる多彩なパフォーマンスを拝見して、まだまだ頑張らねば・・と実感した。

また、皆さんネットライブでも、リアルライブでも精力的に活動されている。偶然共通の知人がいて、新たにお友達になっていただいた方もあり、楽しい時間を過ごさせていただいた。

主催の池田さん、同席いただいた皆さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪マチルダLive参加

昨年の9月にお邪魔して以来、なんと1年以上もご無沙汰していたマチルダで歌わせてもらった。http://10matilda01.web.fc2.com/

先日、寝屋川117-55で席をご一緒したミッキーさんに、ギターでサポートしていただくお願いをしていたのだけど、ここで実現した。ミッキーさんともはじめてお会いしてからもう3年になる。

セットリスト

①Rainy night (武羅雲original)

Square  (蒼さんoriginal)

③かわらまち (瀬戸の島人さんoriginal)

④While my guitar gently weeps (The Beatles cover)

⑤遠ざかる街 (武羅雲original)

Dscn1520_15

ミッキーさんには④と⑤の2曲サポートいただいた。白のストラトから流れ出るブルージーなフレーズで、僕のつたない曲をいい感じにしていただいた。またマスターにもカホンで盛り上げていただき、感謝感謝。

僕の出来は、ギターのミスタッチや、歌詞を間違えるなどいつものミス連発だったけど、皆さんのおかげで楽しい時間を過ごせた。また、タイバンのサボテンブラザーズ ☆双葉さんたちもいい雰囲気で、出演者の方の誕生日のお祝いにも参加できて楽しかった。また、地元大阪からはテレキャス氏、関東からは蒼さんも応援に駆けつけてくれた。ありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スケジュール

今月は関西でライブ参加させていただくのと、四国で「忘年会ライブ?」に初参加させていただく予定。

昨日の朝、フジテレビ「めざましテレビ」で、シニア世代の老後の楽しみ方を特集していた。ゲームセンターやカラオケなど、サービス業でも「シニア割引」なる特典で顧客の掘り起こしを狙っている。ちなみによくゲーセンにおいてあるメダルを増やすタイプの遊戯では、500円~1,000円で2~3時間遊べるらしい。利用者は「メダルをどの場所に投入すれば効果的か?」などを考えるので、頭の体操になってボケ防止の一助になっている気がするとのこと。

僕より4歳年上の世界的に有名なギタープレイヤーがいる。自分がその歳になったときに、あんな風には弾けないだろうが、少しでも近づけたらいいなと最近強く思う。「絶対無理」は承知だけど「絶対無理」と口から出せばそこで「無理」になる。「弾けたらいいな」「やってみよう」と思って弾けば、可能性はとても低いながらも弾けるようになるかも知れない。よしんばその課題曲が弾けなくても、別の演奏で生かせればいいな。

若いときからギターを鳴らしてはいるけど、僕はギター弾きではなく、どちらかといえば「ギターを持った渡り鳥」。ジャカジャカ知っている数少ないコードを鳴らしているだけ。なので昔からちゃんとしたギタープレイに対する憧れが強い。

<今後の目標>

現在   アコギを弾きながら子育て。次回オリンピックまで課題曲を練習。

59歳   大正琴デビュー

60歳   日本有線大賞新人賞(60歳)を狙う。(県人のレーモンド松屋さんが今年59歳で受賞)

70歳   ロト6で3等を当て、賞金で温泉にバスで旅行する。広い家族風呂があればいいな。

80歳   もちを詰まらせ天寿を全うする。数時間後 仮死状態から奇跡的に生き返る。

135歳  ギネス記録を更新してさようなら。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

名残の秋&いやしの音

タイトルからすれば、どうせ「腹を空かせた僕が焼き芋を焼いて、たらふく食べた。」そしてまた増量してしまった・・そしてその副作用で・・

との、反省ブログと思いきや、それは確かにそのままなのだけど、ちょっとだけ違う。

昨日、香川県に外出の際、道中に「もみじ寺」として有名なお寺があり覗いてみた。残念ながら1週間遅かったようで紅葉の盛りは終わり、銀杏もすべて葉を落として時間が経っていた。

先々週に、地元の「霧の森大福」で有名な「道の駅」に行った時に撮った写真が数枚あったので載せる。構えてパチリの写真だけあって、ピントも構図も甘~~い。

Img_2402 Img_2407

話は変わって、音楽友達のこと。

先日、YAMAHAの音楽サイト「プレイヤーズ王国」以来お友達になってくださっているMaccun(マックン)さんの作品が収録された5曲入りCDが発売になったということをおうかがいしたので、早速購入して聴かせていただいた。

☆コンピレーションアルバム「Drive of healing」☆

いつも細やかな音が響く印象的なメロディの楽曲を作られるMaccunさんらしい、イマジネーションが沸く作品だ。

アルバムは「心の癒し」をテーマに5人のアーチストさんが曲を載せている。車でドライブするときに、車窓から見える風景がやさしいBGMでより美しく感じられるようだ。

Img_2439Img_2434

残念ながらCDの販売は終了したようだが、amazonからダウンロード購入できるとのこと。

Maccun(マックン)さんのページhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/B004B8LSIU/ref=dm_dp_adp4?ie=UTF8&qid=1291132081&sr=8-3-catcorr

また、全曲のページはこちら
http://www.amazon.co.jp/Drive-of-healing/dp/B004B9MNTC/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=dmusic&qid=1291132081&sr=8-3-catcorr

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »