« 週末のスケジュール | トップページ | 見つけた! »

木目ふぇちだから仕方ない・・

1315 ↑前に持ってたL-5

先日まで弾いていた「YAMAHA L-5」は、80年製だった。そこそこ鳴っていたけど、メインで使っている2本を集中して弾くことにしたので、整理のためにモーリスW-50と同時に処分した。

さあ、すっきりしたので練習を!(といっても2本以外に、アコギ3本、ガットが1本、エレキが2本・・まだまだ多いな)と思っていたら、またギターに目が合ってしまった。

この「ギターに目が合う」というのは、たとえて言えばペットショップのケージの中の子犬に目があった・・・にも似てる。(おじちゃん、ボクを連れて帰ってよ~って感じ)

ギターの場合はそのままビジュアル面が気に入った場合もあるし、希少性ある個体で、「今度はいつ会えるやら?」の場合もある。また、「修理して完動品にして鳴らせてみたい・・」と、色々なケースがある。

今回は、「76年2月製のYAMAHA L-5」。先日手放したばかりの全く同じ機種なので、いつもならありえないのだけど、実は後姿に惚れてしまった。それで、横顔も見たくて横顔の画像も手に入れて二度ぼれした。

ここから数日のプチ葛藤が始まる。音については「知っている」わけで、国産のいわゆる年代物だからある程度鳴る。価格は相場の倍近いけど、これだけのべっぴんさんはそういないだろう?でも、メインのギターは2本に決めたんだろう?じゃあ、真夏の屋外ライブにはその2本を持っていくの?去年のような猛暑じゃ接着剤のニカワは溶けてギターはバラバラに?なってしまうよ! そうか、そこまで言うなら仕方ないな・・

結局ああだこうだ、屁理屈と言い訳をしながら入手した。

記念写真を撮りながら、まるで女性モデルのいい表情を撮ろうとしてアングルを探しているカメラマンみたいだなと、幽体離脱した僕が自分を見下ろして笑っていた。きっと、鼻の下は伸びていただろうな。

この機種のサイド・バックの材質は、前のもこれも「コーラル・ローズ」合板のはずだけど、なんだかこれはブラジリアンを思わせるワイルドな木目。材質は同じはずなのに、気のせいか音も演奏性も格段に良い気がする。美人さんでいい声をしているので嬉しいな。ああああ、ひょっとしたら美形の男子かも知れないな・・・

01img_274802img_2749_204img_2741 05img_2741_2_15 

|

« 週末のスケジュール | トップページ | 見つけた! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こうして見るとウエストのクビレのようですね…
(/ω\)ハズカシーィ

投稿: まひやん | 2011年2月16日 (水) 09時26分

ギターいっぱい持ってるおじさんは みんな同じようなこと言ってますねww
でもまぁ~ギターを買えるのも甲斐性なのでいいんじゃないでしょうか?

私も キャッツアイは 妙にこれが欲しいと思い
一目ぼれですね でもって毎日のように口説き落として手に入れたギターですよ

投稿: saya | 2011年2月16日 (水) 12時18分

ホント、ハカランダの木目のようですね。
オレンジラベルなんかもそうですが、これって本当にコーラル・ローズ?ってのを時々見かけます。

僕も以前初期のL-5を所有していた時がありましたが、普通にコーラル・ローズの木目でした。

Lシリーズは良いですよね〜。
いずれはL-10の初期ものが欲しいなぁなんて思っています。
ただなぁ・・・ネックの元起きが多いんですよねぇ、ヤマハって。


投稿: hypsy | 2011年2月16日 (水) 13時42分

武羅雲さんは誘惑に弱いタイプでしょうか?(笑)
でも、欲しい時が買う時ですよ、きっと。
自分もこれ以上増やす気はないですが、大阪などでギター屋巡りしたら、増えてしまうかも…(汗)

投稿: かく | 2011年2月16日 (水) 19時21分

まひやん
昔から、そのフォルムに、そういった比ゆ表現があります。
身近では見たことが無い形状にあこがれるようです。

投稿: 武羅雲DX | 2011年2月18日 (金) 08時22分

sayaさん
sayaさんのキャッツアイは、本当に素晴らしいと思います。小ぶりのデザインですが、粒のそろった深い音がしましたね~。
とにかく全弦のバランスがいいから、コードが綺麗でした。また弾きやすさも抜群です。

これは、恋に堕ちるようなものでしょうか・・・

投稿: 武羅雲DX | 2011年2月18日 (金) 08時26分

hypsyさん
そうなんですよ。もちろん目の詰まった柾目の個体の方が音質がいいと言われているのは知っていますが、このワイルドな木目も魅力的です。これだけでごはん三杯食べられます(笑)

知人に「L-10」を持っている方がいるのですが、遠方なので、まだ弾かせてもらっていません。どんな音がするのだろうか?楽しみです。
(音もそうですが、やはり初期物のハカランダ単板を弾いて見たいですね。)

投稿: 武羅雲DX | 2011年2月18日 (金) 08時31分

かくさん
うちの近所を熊田曜子さんが歩いていたら、そりゃ目立ちます。生物学的にはヒト科の中の個体のひとつなのですが、個体差だけでは済まされないような説明できないな何かがあるんです!
(↑口から泡を飛ばしながら力説しています!)

自然行動であると信じています。

某有名メーカーの、超有名機種でもかなりの個体差がありましたよねぇ~
やはりギターは弾いてから買うのが無難ですね。今回みたいに、想定以上のコンディションのケースは珍しいのでしょう。

投稿: 武羅雲DX | 2011年2月18日 (金) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246154/38880285

この記事へのトラックバック一覧です: 木目ふぇちだから仕方ない・・:

« 週末のスケジュール | トップページ | 見つけた! »