« 厚かましさと図々しさと太々しさ | トップページ | マトリョーシカ »

死なないから生きている?

タイトルの言葉は、確かビートたけしさんが「人はなぜ生きるのでしょうか?」みたいな質問に答えた言葉だと記憶している。記憶違いなら失礼。

最近周りで年代に関係なく、突然亡くなる方が多くて悲しい。年代は30代から50代前半。そして困っている。

何に困っているかといえば、どなたも亡くなる直前まで、予兆なく健康であったこと。もちろん亡くなった方の表面的なことしか知らないのかも知れないけど。これは困るのである。不健康で不摂生な運動不足の方なら、残念ではあるが仕方ないと思えるかもしれないけど、健康な方や、健康に留意されて努力されている方が亡くなると、我々が声高に普段唱えている健康に関する事が嘘っぱちになってしまうからである。

(こういった不条理な事象をうまく受け入れることができない場合に、落しどころとして宗教があるのではないかとも思っている。)

突然亡くなられた知り合いの皆さんは、普段から節制していらして、「タバコは吸わない」「適度の運動もする」「人との交際も快活にされる」「飲酒はされないか少量」しかも、僕のようなメタ〇体型でなく、いわば健康そのもの。

こうなると、「死なないから生きている」も簡潔に真理を表しているのかも知れない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕は勤務先で、職務上禁煙を推進する立場にある。喫煙者には酷く迷惑な奴に映っているだろう?(嫌がられているのは間違いない)。これまで、各階の事務室分煙→館内で一箇所だけの喫煙スペースと、喫煙者を追い詰めてきたことになる。

しかも喫煙スペースの灰皿設置場所には、様々な禁煙推進ポスターや資料をこれ見よがしに置いている。最近は喫煙者の真っ黒になった肺の写真まで貼っている。

それでも、喫煙者さんは迫害にめげず、相変わらず煙を出している。

実はこの煙草というものが美味いことは、僕はよ~く知っているのだ。もう禁煙して8年以上経過したけど、やめる日の前日までセブンスターを1日3箱(60本)吸っていたくらい、愛煙家?だったから。(愛煙家ではなく依存症だったのだけど・・)仕事の区切りや、食後の一服、麻雀のテンパイ煙草・・   美味いんだなこれが。

喫煙の有害性は事あるごとに言われている。

しかしこれは某官房長官のセリフを借りれば「煙草の煙は身体に良くないだろうけど、直ちに危険ではない」のだから、たちが悪い。

先日亡くなった知り合いの方達は急性の心臓疾患だったらしい。これは直ちに危険だ。

この訃報について「急だったな~元気だったのに・・」と、喫煙スペースにいた喫煙社員と話していたのだけど、思わず「今のうちに2本でも3本でもくわえて吸っておきな・・」といやみとも本音ともつかない言葉を言ってしまった。

本当に、ルールの範囲なら、喫煙に限らずやりたいことをやればいいのではないか?とも思えてくる。喫煙者に限らず、非喫煙者にも突然「明日がない状況」がやってくるからだ。

でも、最近自分としては狂騒的?とも思えるペースでライブ出演しているのだが、けっしてこういったことを感じ取って、刹那主義になっているわけでもない。

まだしばらくは、自分の大人としての成長や、ギター弾きとしての成長をしたいと本気で考えている。しかし、それにはるかに先行して腹囲が成長しているのは本意ではないことを付け加えておく。

|

« 厚かましさと図々しさと太々しさ | トップページ | マトリョーシカ »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246154/40051305

この記事へのトラックバック一覧です: 死なないから生きている?:

« 厚かましさと図々しさと太々しさ | トップページ | マトリョーシカ »