« DVDをいただきました | トップページ | アコアンプ »

ビアガーデンデビュー

Img_4139

ビアガーデンで歌わせていただける機会をいただき、4曲ほど演奏してきた。

共演は、先月商店街でご一緒した「匿名希望さん」初めてご一緒させていただいた「昼行灯さん」(ブログhttp://ameblo.jp/1942me/)そして「地元の和太鼓や笛を演奏される皆さん」と、多種多様な演芸で、お客さんもそれなりに楽しんでいただけたのではないかと思う。

自分の出来は相変わらすのミスタッチと、歌詞間違い、マイクの距離が悪かったりで良くなかった。(いつもだけど)

ただ、同年代の男性お二人からお声がけいただき、「ドンぴしゃり、ストライクゾーンの曲だった。」とか、「全部歌詞を覚えていて、懐かしく聞いた」とのお言葉をいただいた。選曲の勝利か?ちなみにセットリストは①愛はかげろう②海岸通り③酒と泪と男と女④あの唄はもう唄わないのですか の4曲

相変わらず、ギターを始めたときの熱い思い「女子にもてたい」という、人生をかけた願いはかなわない。ただ「妙齢の男子」には受けがいいようだ。一見残念に見えるかも知れないが、これはこれでとても嬉しい。

写真ではお客さんは一部しか写っていないけど、この日は90名ほどいらっしゃったらしい。90名×20分(持ち時間)=1800分の延べ時間を考えると、ちゃんとした演奏や歌をしなくては・・と痛感する。退屈であったり、不快な思いをされた方がいらっしゃったらすみません。今度は少しでもちゃんとやれるように頑張ります。

|

« DVDをいただきました | トップページ | アコアンプ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

たとえどういう客層にしろ、聴き手の反応が良いって事は、シンガーにとっては至福の出来事ですよね。
また、そういった機会を得られるのもシンガーの力量の賜物だと思います。

なつかしい選曲ですね〜。
「あの唄はもう唄わないのですか」は、ギターを始めた頃に僕もよく弾き語っていました。

当時の伊勢正三さんはしっとりと上手く歌っていて心に響いていたのですが・・・近年たまにTVで見かけるのですが、何だか歌が下手クソになったみたいで聞くに耐えれない時があります。(ファンの人ごめんなさい)

釣りばかりして歌はおろそかになってしまったのかな?とか思ったりしています。

投稿: hypsy | 2011年7月10日 (日) 18時30分

画像見せていただくと、本当にお客さんが間近におられて、緊張この上ない状況での演奏だったのですね。

先日の商店街の時もそうですが、こういう所でも弾きこなしておられる武羅雲さんは、凄いなあと思います。

同じ年代の方々がおられて、好きな曲だったと言っていただくのは嬉しいですよね。

アロハシャツも準備完了ということで次はどんなステージで歌われるのか期待しております。

投稿: かく | 2011年7月11日 (月) 00時13分

hypsyさん

写真をみるとけっこう注目していただいていたようで、大変ありがたいことでした。
ただ、もう少し上の年代の方がご存知の曲を演奏できなかったことが少々残念です。

加山雄三や、グループサウンズとか1曲でもできれば良かった気がします。

hypsyさんもお感じになったようですね。僕も昔の伊勢さんの歌声が好きで、かぐや姫を聴いていたように思います。
真偽のほどは存じ上げませんが、喉のご病気をされて復帰後に今の唄い方になったとか??
確かに、曲の印象もずいぶん違って聞こえますね。でも、僕の中にはいつも70年~80年代当時の声しか残っていません。

伊勢さんは、当時僕が「女子にもてたい」と決意してギターを弾き始めた時に目標にした方でした。

そのきゃしゃな風貌と、やさしい歌声、曲や詞の繊細な世界を再現できればこっちのもんだと、鼻息を荒くしていました。

ところが、残念ながらわずかに?及ばなかったのが①容姿②声質③歌唱力④国語力⑤作曲能力、そして最大の問題「曲の背景にある豊富な恋愛経験」でした。

この「恋愛経験」を得るためにギターを始めて恋愛をしたいと考えたのに、その「恋愛経験」がないことが原因で上手く歌えなくて「恋愛経験」を得ることができなかったのです。(かのリンカーンも似たようなフレーズを言っていましたね。「人民の人民による・・」)

この情けないループが、それからの暗い青年期につながっていきました。

投稿: 武羅雲 | 2011年7月12日 (火) 19時56分

かくさん

次回は「オールスター水泳大会(ポロリもあるよ」という企画の中、水着で歌わせていただければと思います。
あ、「オールドですた~・・・」の間違いでした。

今流行の男子会!先日もスティッカムでお話しましたが、
「二人で浴衣でスカイツリーのお膝元、両国のちゃんこ屋さんで大汗をかきながら鍋をつつこう!」(タイトル長っ!)
というツアーに行きませんか?

きっと、周りの風景に溶け込むこと間違いないです。


投稿: 武羅雲 | 2011年7月13日 (水) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246154/40742183

この記事へのトラックバック一覧です: ビアガーデンデビュー:

« DVDをいただきました | トップページ | アコアンプ »