« 元日の突撃訪問 | トップページ | 青い空と白い山 »

大正デモクラシー

「大正デモクラシー」に似た言葉に「灯台下(もと)暗し」がある。意味に類似点はなくただなんとなく語呂が似ているだけ。

ゆうべはそんな言葉を頭に思い浮かべた日だった。偶然お知り合いになった方のお知り合いに、ギターやアンプを御持ちの方がいらっしゃると聞き、あつかましくも昨晩お邪魔してそのコレクションの一部を拝見した。

いや~こんなに近くに、こんなにも憧れだった楽器が揃っているとは・・・(もっと早くお知り合いになれていれば・・って感じ)

拝見したのはすべて1973年~74年に新品購入されたギター達。しかもここ30年近くほとんど使用していないという。

Gibson レスポール(カスタム)、フェンダーストラトキャスター(USA)、フェンダージャズベース(USA)、オベーション(USA)、マーチンD-41(’74)

ご自宅に初めてお伺いして、応接室に並べられたケースを見てクラクラ、ケースを開けて、またクラクラ・・。「初恋の人に久しぶりに会ってときめく・・」感に似てたかも(笑)

これらは当時欲しかったギターばかりで、学生にはとても手が出なくて、エレキもアコギも国産のコピー(数万円)しか買えなかった。

その方からは、「ずいぶん放置していたのでコンディションもよくないと思います。」「弾く方が弾いてくれたらいいので、1年でも2年でもどうぞ使ってみて下さい」って、信じられないお言葉をいただき、なんと早速マーチンとオベーションをお預かりして帰った。

ただ、弦を張ったままで数年保管されていたようで、確かにある程度のリペア(ネック関係)が必要なものもあると思われるが、なにせもう準ビンテージクラスで、近年製のに比べてやはり当時の材は素晴らしく「木目フェチ」を自認する僕としてはプチ興奮状態。

ゆうべ本当にスナップ写真しか撮らなかったけど、ちゃんとクリーニング・メンテナンスして改めて写真を撮りたいと思う。

<T'sコレクションから>

Img_5297 Img_5299 Img_5301 Img_5304

|

« 元日の突撃訪問 | トップページ | 青い空と白い山 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246154/43701137

この記事へのトラックバック一覧です: 大正デモクラシー:

« 元日の突撃訪問 | トップページ | 青い空と白い山 »