« 春がきた | トップページ | 宝物の正体は・・ »

ダンボールの中の青春♪

タイトルからすれば、「若い時ホームレスをしてて、ダンボールハウスに住んでいたのか?」って思うかも知れない。確かに人相風体はさもありなんだったのは事実。でも今回はちょっと違った話。

先日、自分で打ったうどんを持ってきてくれたアキラ君を、いつもの商店街ライブに誘ったのだが、急な仕事が入って残念ながら参加してもらえなかった。

アキラ君に「ライブやるなら、自分が歌う曲のコード譜か歌本を持ってきたほうがええで」と、話していた。

ところが、アキラ君は僕も要るのかと思ったらしく、ライブの前日に手持ちの歌本をごっそり持ってきてくれた。

もう30数年前、高校時代彼の家は友達のたまり場で、ギターを弾く奴、バイクを走らせる奴が、彼の人柄だったのだろうが、いつもわいわい賑やかに集まっていた。

ギター弾き達は、それぞれに手持ちの歌本やギター弾き語り用の本を、彼の部屋に持ち込んでは弾いていた。そしてそれは、みんなの共有財産のようになっていった。

約30年ぶりに、そのほとんどに再会できた。

もちろん古本市場で探せば、数百円~2000円程度で見つけられるものばかりだけど、その1ページ1ページの折り目や、コードやメモの書き込みは、まさにあの時のあの空気を思い出させる。ああ、これが青春だったのだと思った。

よくぞ保管してくれていたものだ。ありがとう。

実はこの沢山の歌本が入っていたダンボール箱の中に、僕にとってかけがえのないものがあった。アキラ君も僕にとって大切なものだとわかっていて、真っ先にそれを見せてくれた。

それについては、次回紹介予定。

Img_5571 Img_5566Img_5575 Img_5565

|

« 春がきた | トップページ | 宝物の正体は・・ »

音楽関係」カテゴリの記事

コメント

本当に素晴らしい宝物ですよね!

ダンボールの中から出てきた歌本達が、第2の青春をガンバレと応援してくれてるようです。

投稿: kakuFW | 2012年4月 4日 (水) 20時48分

かくさん

どれもかなり読まれて、書き込まれていますがいい感じの古本?になっています。
僕が管理していたら、住宅事情で処分していたかも知れません。

昔に比べて、本の小さな文字が見えにくくなっています。きっと、経年変化で文字が小さくぼやけてしまったのでしょう。きっとそうだ!

投稿: 武羅雲 | 2012年4月 6日 (金) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246154/44750645

この記事へのトラックバック一覧です: ダンボールの中の青春♪:

« 春がきた | トップページ | 宝物の正体は・・ »