« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

ここに並べて

Photo

ここの右端に並べて写真を撮りたいと思っている。

どんなパンフレット、どんなゼッケンになるのか楽しみにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光と影の写真二題

写真を紹介。

昨日の金環日食を僕は見ることができなかった。しかし運よく見ることができた友人が、僕を気の毒に思って送ってくれた。

「達人」の僕は(何の?)この写真を通じてその場で見たような気になった。

オカルトではなく、僕はこの写真に感じるものがある。(雲の向こうにUFOが・・ではない)

Photo

******

もう一枚は、写真家でもある友人Hさんの作品。

Img_5768

某M社の某XPの壁紙に似ているように見えて全然違う。この作品には人物がいて「躍動」を感じさせる作品だ。小さなお子さんの姿に力強さを感じる。

周辺の光量を減少させることで、中央がクローズアップされているのは、カメラとレンズの特徴を知り尽くした撮影者の方ならではの味。CG作品のようなペッタンコの画像とは違う味わいを感じる。

とても気に入ったので、オリジナルデータを送ってもらい、PCの壁紙に使わせてもらっている。

聞けば撮影者ご本人も、すでにご自分のスマホの待ち受け画面に使われていたそうだ。同じようにこの写真に惹かれるものを感じた僕は、ちょっと自慢であり嬉しかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ストリートライブのご案内 5/27(日)

先日、関係団体ご担当者と打ち合わせのうえ、今月も下記の通り「商店街ストリートライブ」を予定しました。

今回も、飛び入り参加大歓迎の自由な空間を予定しています。もちろん参加料など一切不要です。

日時:5月27日(日)10時~13時 

場所:新居浜市登道商店街 永井写真館さん前

百縁笑点街&さんさん産直市のイベントです。

開催日前に上記HPで正式な告知がありますが、ここで先行告知させていただきます。

参加希望の方で、差し支えない方は事前にご連絡をいただけるとありがたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

別子山 藤まつり参加

5月13日(日)主催関係者のご好意で初参加させていただいた。お知り合いや初めての方との和やかな空気の中、20分4曲を歌わせていただいた。

相変わらず人見知りでシャイな性格ゆえ、練習したことを再現できない。立って演奏することも、それほど難しいことをやっているわけでもないのに・・

それにしても、ここはドーム状に藤の木が配された素晴らしいステージだった。イベントの企画運営された皆さん、大変ご苦労様でした。また、沢山差し入れいただきご馳走様でした。美味しかったです。

写真提供は、お嬢さんとギャラリーとしてお越しになっていた昼行灯リーダーさん。 ありがとうございました。

P5145561

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二つの赤い果実

P1080194 P1080195

昨日写真を撮った、知り合いの庭のさくらんぼ。

朝から野鳥に先を越され、午後に収穫できたのは、残された茎?を数えると全体の1/3くらいだろうか。さすが、人間様よりも鳥のほうが素早かったようだ。

それでもこの季節ならではの、飾らない自然の味覚は甘酸っぱくて美味しい。(ひと粒「毒見」ということで味見をさせていただいた)

そして、もうひとつは取引先から新築祝いのお返しでいただいたイチゴ。

ひと箱4~5千円だから、一粒が150円くらいか。上品にひとつひとつ、白い座布団に乗せられ、高級感が漂っている。味の方は、適度な酸味が美味しい満足感のある味だった。

でも、僕は5本で150円のバナナは買えるけど、自分が食べるためにこのイチゴは買えないだろうな。

Img_5704Img_5706

それにしても自然の色は綺麗だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

即興セッション「空も飛べるはず」

先日のお茶会での動画。

最近バンドのカバー曲を演奏する時がある。「賑やかに!」を意識した時かな?

だけど、バンドの曲をギター1本の弾き語りで演奏しようとすると、本人のレベルの問題から、リズムキープと飽きさせない工夫がうまくできない。

一応は「人前で演奏すること」を想定しているので、「つまらなくないようにしたい!」との思いで、勝手にもがいている。(←もがくって、ドンぴしゃりの言葉です)

今回、昼行灯リーダー氏に、「カホン持って来て下さい!」ってお願いして実現した即興セッションを公開。

くれぐれも申し上げておくが見所は演奏や歌ではなく、「カホン」が入ることで「ノリ」が明らかに違うというところ。

「空も飛べるはず」スピッツcover (by昼武羅雲)←勝手に命名しております・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校総体地区予選

Dsc_82520100

5/3(木)~5/5(日)の三日間行われた高校総体地区予選に次男が陸上競技に参加した。

追い風参考記録ながら100m11’14 200m22’87と、普通の出来だった。同級生が追い風参考ながらも記録更新したので、本人は少なからずも闘争心に火がついた感もある。さて一ヵ月後の県総体に、体調と気力をどれだけ高められるか?

僕はこの三日間、朝5時起きで、次男や同じ陸上部の部員を送迎した。また現地では各レースの写真や動画を撮っていた。おかげで顔も腕も真っ黒に日焼けしてしまった・・(これまでの紅顔の美中年イメージが台無しだ・・・)

次男の県大会出場予定は100m・200m・4×100mリレー・4×400mリレーの4種目。またオヤジは写真撮影で日焼けしてしまう・・・。

例によってわが家では子供達の部活の大会の応援が最優先。オヤジのギターの演奏やイベント参加はこの時期優先順位の一番下になる。今回も参加できなかった集まりがあった。

そんな中、先日の商店街ライブで知り合った秋山さんにお誘いいただいたのが5/13(日)の藤まつりのイベント。

お昼ごろに20分ほどいただき、山中の空気のいいところでギターを弾いてくる予定。ちゃんと弾くぞ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お茶会の風景

Img_5650 思えば、元日に友人宅のだんらんに、ギターを持ってお邪魔したことが今回のお茶会のきっかけだった。

おせち料理やビールをいただきながら、ギターを弾いて古いフォークソングを唄った。そこに同席されたのが、その日初対面のMさん。色々な曲の伴奏させていただいたり、一緒に歌ったり、楽しい時間を過ごさせていただいた。

そのMさんにご紹介いただいたTさん。その時の記事がこれ。

「大正デモクラシー」

そんなご縁で、MartinとOvationの二本のプチ修理のご依頼を受け、プロショップでの修理を取次ぎさせていただいた。取次ぎといっても運搬・引取りだけなのだが(笑)

しかも修理完了後、Tさんのご好意で2ヶ月間もMartinD41をお借りし、そのビンテージクラスの音を堪能させていただいた。

今回は、そのD41お返しするにあたって、その音をお披露目する「お茶会」というものを企画し、僕も自宅から数本のギターを持ち込み、D41・Ovationとの共演を果たした。

また、僕だけのつたない演奏では、楽器が持つ本来のポテンシャルを再現できないのはわかっていた。少しでもいい感じに音を出したいと、友人に助っ人を頼んだが、仕事で都合がつかなかった。そこで、昨年からお世話になっている昼行灯リーダーさんに、数日前になって急遽応援をお願いした。

昼行灯リーダーさん、前日は深夜まで松山ライブハウスで盛り上がっていらしたそうで、お疲れのところを承知でご無理をお願いし、会場までカホンとともにお越しいただいた。大変お世話になりました。

また、会場のホテルの方にもご理解ご協力いただいた。関係各位にお礼申し上げます。

さて、お借りした小さめの部屋は素晴らしく音響が良く、ボーカルだけを少し増強しただけで、ギターは生音で鳴らした。僕の腕はともかく、ギターはいい音で鳴ってくれた。

僕は普段立って演奏することが多いのだけど、今回は久しぶりに座って演奏した。しかし、後で映像を見ると、じっとしていられなくてか、リズムを取ろうとしてか、もにょもにょ落ち着きがない、まるでおしっこを我慢している様子で無残だった・・・。

それとは対極的に、落ち着いてセンスのいい演奏されるイケメンの昼行灯リーダーさん。またもや僕は引き立て役になってしまった(笑)

TさんもMさんも、さすが経験者だけあり、曲が始まるとハモリ、コーラスもされて楽しそうだった。きっと当時の楽しかった頃を思い出されたのではないだろうか?

今回お集まりいただいたのは、中年の男性ばかり。それはそれで、男子会としてとてもいいお茶会だったが、僕の悲願である「ギターを弾いて女子にもてたい」は、もう涙でかすんで見えない、それはそれは遠い場所にあると実感した。(まだ未練たらしく言うんか!?)

またこういった機会が持てればいいな。これまでの不特定多数の方に向けてのライブも、こうした特定少数の方へのライブも、それぞれ僕にとって大切なものだ。

Img_5655_005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »