« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

ガ太郎発見!(閲覧注意!)

この日記に掲載の画像は、閲覧される方の体調や、好みによって不快と思われる場合があります。よって閲覧は自己責任でお願いします。

昨年8月に書いた記事↓

http://brown5705.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-3c02.html

今朝もまたいつものように、ふみちゃんちの自動販売機で缶コーヒーを買っていて発見。

Img_6667 Img_6668 Img_6665

例によって、通行人の「蛾に対するより、蛾をデジカメで撮っている僕に対する好奇の眼」をものともせず、何枚か撮影した。

彼(ガ太郎と命名)は、去年と同じ個体かと思いきや、大きさや、羽の模様が微妙に違うようだ。

そして、毎回不思議に思うことがある。

女性のメイクなら鏡を見ながら眉を濃くとか、口紅は赤くとか、眼はぼかして大きく・・と、デザインの変更は容易だ。

しかし、自分の姿を映し見できるわけでもなく、絵描きさんが知り合いに居るわけでもなく、アドバイスをもらうことなく、こういった天敵から身を守る「眼」を意識した姿に、なぜ変わっていけたのだろう?って。

毒を持つ生き物も不思議だ。外敵に食べられないように、「毒を持っています」と色や姿で発信しても、そいつを食べた外敵は死んでしまうのだから、「こいつを食べたら死ぬから食べないように!」という経験値は次の世代に伝わらないはずではないかと・・

つまりそういった知識がないやつにまた食べられる。食べた種族も次世代に語り継ぐことができないから、やっぱり死んでしまう。

しかし、そういったことはなぜか当代だけでなく次世代にも伝わっているようだ。不思議だな。

あと、今思ったのだけど、こういった模様に僕が嫌悪感を持たないのはひとえに「木目フェチ」のせいで、耐性ができているのだろうと思う。

以前所有していたハカランダ板目のギターも似た傾向にあるな。

P1000588

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドキが胸々します

ギターの音色が好きなのはもちろんだけど、工芸品・美術品としてのそのものが好きなので、弾いてはうっとり、眺めてはハァハァ・・している。

いわゆる変態か・・

Img_6518_040

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空と雲

携帯に残っていた画像紹介。

Ne_p1080666

左上に向かって昇っていくような雲。なにか勢いがあってよろしい。

撮影地:兵庫県丹波市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ne_p1080715

これは、左から右(東方向)に行列していく雲。

あまり見たことないなぁ。

撮影地:四国中央市

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鬼平犯科帳

最近「鬼平犯科帳」のDVDにはまっている。

この作品の良さはいろいろある。

僕はまず、江戸風俗をなるべく忠実に再現しようとしている、製作者の想いを感じる。当時の食文化や、衣装、街並みなどリアリティを感じるので、ストーリーにも感情移入しやすい。

また、人間の本能的な部分をそのまま描写しているので、そこにもリアリティを感じる。もちろん創作時代劇なので、すべて絵空事と言えばそうなのだろうけど。

そして、役者さんたちの芝居の上手さも素晴らしい。

極めつけが、エンディングに流れるジプシーキングス の「 インスピレーション」

当然最後まで弾けるとは思っていないのだけど、せめてイントロぐらいなら・・・とまたガットギターを買ってしまった・・

僕が選んだのはこれ。「トップスプルース単板・サイドハカランダ単板・バックハカランダ合板」と思われる。

データが少ないので、判定したスペックに誤りがあるかもしれないけど、素人木目フェチの僕の判断なのでご勘弁。

弦を張って二日目なのでまだピッチは安定しない。毎日何度かチューニングしても、安定するまでは最低一週間はかかるな。

ギターは、弾いても眺めても楽しい。まるでじょ・・

Img_6444 Img_6447 Img_6411

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »