« ちーたんがやってきた! | トップページ | 備えあれば憂いなし »

音が好きなわけで

17歳の頃からギターを弾き始めたが、精神年齢は12歳のまま、肉体はもう半世紀をとっくに過ぎてしまった。

そのくせ、ギターを持って唄う歌は十代の頃と変わり映えしない。知っている青春フォークソングや歌謡曲だったりする。

歳相応・・となれば、メッセージソングや人生の指針になるような経験を伝える歌がいいのだろうけど、あいにくそんな高尚な精神や人様に誇れるようなことは何一つとしてない。ないから語れない。

人の言葉を借りて唄うこともできない。ましてや自分の中にそういった為になることが無いから、オリジナル曲もできない。

だから、エールソングや、メッセージソングは僕には似合わないと思っている。

時々、技術的な興味と、TPOを考えて、明るいポップスをやるときがある。(路上ライブの場合はその必要性を感じることもあり・・)

しかし本質的に僕はウェットでうじうじした曲に惹かれる。そしてそういった曲を、雑なギターと怪しい音程で苦しそうに歌うのが似合っていると思う。

そしてそれを聴かされる人も辛そうだ・・  

ここに負の連鎖がある。

でも、弦を張りたてのあのアコギの音が好きだからまた唄ってしまう・・・すまんこってす。

|

« ちーたんがやってきた! | トップページ | 備えあれば憂いなし »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ウエットでうじうじした歌、自分も大好きです。というか、昔から「歌は暗くないと許さない」タイプだったりします(笑)。

武羅雲さんの歌の世界は素晴らしいと思います。これからもご指導お願いいたしますね。

投稿: kakuFW | 2012年10月11日 (木) 10時02分

かくさん

根暗ですのでしかたありません。
最近次男が「ニコ生」という番組で、生放送で唄っています。
パソコンが隣なので、同時にライブできません。

それでもなんか、楽しそうに怪しい音程で唄ってしゃべっています。

人様に自分の歌を聞かせるなんて恥ずかしいことを平気でするなんて・・・親の顔が見てみたい!

投稿: 武羅雲 | 2012年10月18日 (木) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246154/47377057

この記事へのトラックバック一覧です: 音が好きなわけで:

« ちーたんがやってきた! | トップページ | 備えあれば憂いなし »