« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

明日は路上ライブ

明日26日(日)は、恒例の新居浜市登道商店街産直市での路上ライブ。

今月も、ダンスユニットの皆さんや、男性コーラスグループの皆さんとご一緒する予定。

プログラム上、早めに現地入りして歌う予定。皆さんのご来訪をお待ちしています。(越ちゃんくるん?)

ちなみに昨晩は、友人のお嬢さんが主宰する音楽集団「渦渦」さんの演奏会を聴きにいった。さすが、バイオリン・ビオラ・チェロ・ピアノで奏でられるクラシックの名曲やオリジナル曲は、素養のない僕にでもわかる素晴らしい音楽だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金の話

お金の話を二題。

お金の話といっても、宝くじに当たったとか、遠縁の遺産を相続したとかの、景気が良い話ではない。

どうやら僕の財布は「諭吉さん」には居心地が悪いらしく、長居してくれたためしが無い。長居どころか、まとまった諭吉さんには最近滅多にお目にかかることも無く、銀行からどこかに行かれたという足跡しか見たことが無い。もちろんお帰りになった気配も無い・・・

僕にとっては、もはや二千円札と同じぐらいのレアな存在になってきた・・。

〇まず最初の話。

先日大阪で「Suica」の残高が少なかったので、チャージしようとして残額を見ると1,330円だった。

普段四国では使うこともないので、とりあえず2,000円だけ入金しようとした。

隣の券売機でも同行の知人がチャージしていたので、プライバシーの侵害とは思いながらひょいと覗き込んだら、なんとその知人も残高1,330円!で、入金後の残高は揃って3,330円。

どうでもいいことだけど、偶然にびっくりしたし、なんかちょっと嬉しい気もした。

〇もうひとつの話。

今日、子供に食料を送るため、某〇マト運輸の営業所に段ボールを持ち込んだ。

送料が2,540円だったのだけど、あいにく小銭が無く、虎の子の一万円札と500円玉と50円玉を差し出した。10,550円-2,540円だから、お釣は8,010円になる。担当の方がおつりをそろえるのが楽かなと、多少気をまわしたつもりだった。

そうしたら、お金を受け取った担当の女性の方、

「それでは、お先に大きい方から・・・」って10円を差し出してくれた。

「えっ!・・・」って受け取ったものの、一瞬考えた。

(この方開口一番に大きな方から・・・って言ったということは、普段は大きなお札を先に渡して、小銭をあとで渡すタイプの方だな。

でもいま、一番細かい10円を僕に渡したということは、彼女の中で「お釣を渡す」という行為は完結してしまったのではないか?

もしそうなら、僕は非常に困るわけで、この後昼ごはんにうどんを食べに行く予定なのに、10円では食べられないし・・

そしてこれで終わりなら家計に響くし・・

あ、もしもらってないと言っても信じてもらえるかなぁ??)

意を決して、

「あの~・・これが大きい方なら残りはどうなりますか?」って、思わず聞いてしまった。

そうしたら担当の方、一瞬怪訝そうな表情をしたけど、すぐに自分の言い間違いに気が付いたらしく、顔を真っ赤にして笑いながら、

「失礼しました~!今度は間違いなく大きいほうですぅ~」って、残りの8,000円を渡してくれた。

お釣をちゃんと受け取った、小心者で人見知りをする僕はほっとした。

いつもは手馴れた応対なのだろうけど、ちょっと今回は失敗したのかな?でも面白かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アメリカ生まれの神田育ちか?

今、好んで弾いているD-28(’82)は、本体ヘッド裏に保証書の跡もあり、ハードケースもオリジナル品。

70年代のそれとは違うけど、80年代のブルーケースも悪くない。

アメリカで生まれた彼(D-28)が最初に落ち着いた場所は、神田の楽器屋さんのガラスケースの中だったようだ。

その後、どんな運命に翻弄されたのか、僕と出会ってしまったのは大阪/アメリカ村の楽器屋さん。

そして現在は四国のど真ん中に落ち着いている。

僕は恋はするのではなく「おちてしまうもの」だと思っている。同じように、ギターも「出会ってしまうもの」「目が合ってしまったもの」だと認識している。

Img_7757_30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張れ武羅雲!~~「初霜部屋便り」

大阪にお住まいのリチャードさん。実のところお知り合いになって、まだ間もない。

しかし、垣間見るそのあふれる才能には驚くばかりで、多芸多才という熟語はリチャードさんの為にあるのではないか?と思うほどだ。

お知り合いになったきっかけの寝屋川ライブ以来、そのすばらしいギターの演奏スタイルや技術的なことには勝手に刺激をうけまくっている。

また、リチャードさんは工房経営をされていて、趣味には、スケッチ、楽器演奏(ピアノ・ギター・ボヨヨンスティック演奏etc)作詞・作曲・紙相撲・・・まさにアーチストという表現がぴったり。とっても沢山の引き出しをお持ちになっている方だと尊敬している。

そして今回クローズアップするのはその中の「紙相撲」

http://www11.ocn.ne.jp/~shiny/hobby5.htm

先日、ご連絡いただいたのだが、日本紙相撲協会(←あるんんですね本当に!)の新弟子検査に2名の力士を上京させたとのこと。

で、なんとその内のひとりの四股名が「武羅雲(ぶらうん)」とのこと。

思うに、この四股名は平成25年にリチャードさんの脳から偶然、たまたま創造された言葉にしては、あまりにも偶然すぎる!(もともとは僕が昭和52年に洒落で作った言葉。芸名というか、リングネームというか、ハンドルネームというか・・)

リチャードさんにおうかがいしたら、やはり偶然ではなく、リアルに何度かお会いした時の僕の体型のインパクトから使っていただいたとのことらしい。だよね~やっぱり。

こうして、名前を使っていただけるのは本当に光栄でありがたい。

ただひとつだけ、同時に上京したもうひとりの新弟子「大東桜(だいとうざくら)関」に比べて、おなかの出っぱりが大きいのが、ちょっとだけ複雑な心境・・・(顔はイケメンに見えるので文句なし!)

数日前のリポートでは、武羅雲はまだ初日が出ていないらしい。頑張れ武羅雲!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライブに参加してきました。

5月4日に毎月の商店街ライブ以外では、久しぶりのライブに参加してきた。

主催者や共演者の方々、大変お世話になりました。

Img_7642_50

反省・チェックのために動画でも記録した。(ヒデキさん、写真を沢山撮っていただいて、ありがとうございました。)

ライブ会場周辺は爽やかで、美しい風景だった。

動画は相変わらず「ありゃりゃ・・・状態」だったけど、少なくとも反省だけはできる。

「ノルウェーの森」 ビートルズカバー

「クロアゲハ」 蒼さんオリジナル曲

「遠ざかる街」オリジナル曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまむら!

滅多にチェックしない新聞折込チラシ。

今朝は、なんと「しまむら」のチラシに「ももクロ」がモデルになっていて、不覚にも朝からテンション上がってしまった・・

不安定であろうとも、生歌にこだわった彼女達のパフォーマンスに、何倍も不安定な演奏&歌&ルックスの僕は、おけらがひばりに恋をするがごとく、こっそり共感し応援している。(ちねみにルックスは、やはりももクロファン、ドラドラの塚地さん似です!)

今朝は出社前に2曲ほどスティッカムで発声練習してきた。

なんとなくいい感じの朝だ。いいことあるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月4日は新緑の中で!

友達にお誘いをうけて、あつかましくもイベントで歌わせていただくことになった。

もともとが、恥ずかしがり屋のあがり症なので、ほとんど地元ではやらないのだけど今回は挑戦してみよう!

今回は12弦ギターも持っていこうと思う。

寺野湖畔春祭り

Terano

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »