« 1月26日は人生最高の日だった! | トップページ | ツイキャスデビュー »

物言わぬ傍観者

たまたま、小銭入れの中にあった10円玉2枚と5円玉2枚。

奇しくもどちらも二十六年の刻印だが、一方は昭和の元号、そしてもう一方は平成。

字体から時代を感じるが、昭和の方は64年前に発行されたんだな。(今年は昭和90年にあたる)

人間の一生にあたる期間、デザインが変わらないのはすごいと思うし、僕の手元に来るまで、いったい何百人、いや摩耗の度合いからすれば何千人かを経てここにあるわけだ。

もう一方の平成26年君は、これから長い旅を控えているわけだ。そして、「お金」という、人にとって重要な役目を持つ存在として、数々の人生を共にする。

ピラミッドや僕の愛する古刹が時代を見てきたほど長くはないが、これらも人生の傍観者ともいえるかも知れない。

Img_0758

|

« 1月26日は人生最高の日だった! | トップページ | ツイキャスデビュー »

雑記」カテゴリの記事

コメント

すごい偶然の一致ですね。
歴史の流れと物言わぬ人生の傍観者である貨幣に、尊敬の念をしみじみ感じ入ります。

人の命も90年まで、たやすくはありませんし。。。

投稿: stream | 2015年2月26日 (木) 22時44分

streamさん

ほんとに、人生のほうがはかないと思います。

それでも、生きているとご縁(五円)があることを感謝します。

投稿: 武羅雲 | 2015年3月 4日 (水) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1246154/59065609

この記事へのトラックバック一覧です: 物言わぬ傍観者:

« 1月26日は人生最高の日だった! | トップページ | ツイキャスデビュー »