« かっこいい! | トップページ | 気が短いから »

流れ星

何かの流星群が接近した時。たまたまその時大阪にいたので、夜の長居陸上競技場に行った。街の明かりを少しでも避けて、暗い公園を歩いた。あいにく曇り空。雲の切れ間に少しだけ星が見えた。ずっと何も言わず空を見上げていた。流れ星は見えなかった。それでもずっと空を見上げていた。ただ、こうしていることが幸せだった。

|

« かっこいい! | トップページ | 気が短いから »